カンボジアで被害に私が実際にあったことがあるんです。

カンボジアで被害




カンボジアで被害 に実際に私があったこと。は、過去に何回かあります。自分では安全だと思っていても、いつ何処で何があるのか、これだけは予測がつきません。

通りがかりの人
そんなこともあるんですね…..
Cambodiakazu
そうですね…. 過去に3回程はありました….

そこで今回は、住みやすいカンボジアでもあるんだけど、危ないこともあるんだよってことをお伝え出来て、参考になればと思います。

在カンボジア日本国大使館からひったく被害増加の通知が昨日入ってました。

在カンボジア日本国大使館からひったく被害増加の通知きてましたね。

2017.10.20

カンボジアだからといって、安全だとは限らないです。

カンボジアに限らずなことだとは思いますが、「海外だから」「日本人だから」って大丈夫ってことは、ありません。外務省の海外安全ホームページでも「レベル1:十分注意してください。」は出ています。

内容を見て頂くとわかりますが、その中でも、ひったくり、強盗、置き引きなど多く発生していています。最悪のケースになれば…. 想像出来ますよね…. そうならない為にも常に自分に意識かけて行動しないといけません。

  • 金銭になるような物は、なるべく目立つ様には身につけない。若しくは身につけない。
  • 手で財布を持ったまま、外出しない。財布は2つにわけて持ち歩く。
  • 人気が無い所は、1人で行動しない。行かない。
  • 荷物を置いたまま離れない。

自分から普段気にする事では、これらのことが挙げられますね。普段から気にかけると良いでしょう。

スポンサーリンク

カンボジアで私が被害にあったことは、過去に3回程。

殆どが、強盗かひったくりの被害です。その被害にあった時は流石に心臓の鼓動が凄かったのを今でも覚えていますし、未だに忘れません。ふとした時に「あっ!!」って感じで1瞬のことです。

私が経験した被害 – その1

カンボジア首都のプノンペンに、オルセー・マーケットがあります。そこの近辺に一時期8ヶ月位、昔住んでいたんですが、なんと言っても日本人がいなさそうな所に借家を借りた私にも、問題はあったのかと今思えばあります。そんな所に外国人が歩いていれば、確かに目立ちますよね。

オルセー・マーケットの場所は、こちら。

その当時、エアコンもつけていなくて扇風機な生活だったので、つい窓を半開きで寝てしまったんです。そうしたら、夜中に…..

 

 

 

「ガシャーン!!」

 

 

 

って音が鳴ったので、直ぐに起き上がって部屋の電気を付けたら、半開きの窓からこんな物で…..

私の財布をズリズリと引っ張っていたんですね…. 幸い何も盗られずにすみましたが…. さいその拍子にガラス製の灰皿が落ちて割れました。いやぁ〜、もうこの時はじめての事だったので、立ちすくんでましたよ。逃げた人の姿も見えたし…. 怖くて直ぐ窓閉めました。ここで、はじめてカンボジアの窓が鉄格子で、それが救いでしたね。本当に。

私が経験した被害 – その2

2回目は、TukTuk(トゥクトゥク)に乗っていた時の出来事です。普段何気に良く利用するんです。便利ですからね。しかし、そのTukTukで行ってはいけないことが、携帯電話を使ったりなど。これするとどうなるのか。最悪の場合、引ったくられます。

TukTuk(トゥクトゥク)ってこういう乗り物です。

TukTuk

この乗り物に乗って帰宅していた時でした。人気もある道路だったのに、後ろからバイクに乗った2人組みの男性が私の方に手を伸ばして来て、私のスマホを盗られかけました。丁度、触っている時に目に入ったんでしょう。この時も、一瞬のことでした。私が直ぐに気づいたので、手を引いたので大丈夫でしたが…. 携帯電話に限らず、バッグパック等もTukTukに乗っている際の置き場など考えましょう。また、携帯電話も触らない事です。ドライバーにも言われますよ。ポケットに入れて置いた方が良いと。

私が経験した被害 – その3

歩いて行動していた時の事です。財布を片手に持ったまま、昼食を取りにレストランへ向かっている最中のこと。いつも変わらぬ様子のプノンペンでしたがその日はちょっと…. 歩いている時、1台のスクーターが目に入りました。止まっていました。フルフェイスで若い方だなぁ〜位しかわかりませんでしたが。私の方をジッっと見てたんですね。何でしょう。

とその方とすれ違って、私は歩き続けていたんですが、後方からUターンして戻って来ていたんです。私は、それに少し気配がしていたので。気配を感じたのは、剣道していたお陰かなぁって、その後思ったり。ギリギリのとこまで近づいてきたので、その瞬間….

 

 

 

「クルン」

 

 

 

って感じで身をかわしました。

ただ、バイクはそのまま先行くと思ったら止まったんですよ。目の前に。

 

 

 

「やばい!」

 

 

 

と思いましたね。さすがに。このまま先に行くか行かないか悩みました。

しかし、何ともなく私もその人を見続けてましたが何もなくで終わりました。なんか、電話して誰か呼んでましたけどね。財布を手で持ってどこか移動する事も控えましょう。何処で誰が見ているかわかりません。

最後に

いかがでしたか。こういったことって予測も出来ないことなので、一瞬ですからね。バイクに乗ってても引ったくりで被害にあうニュースも良くみかけますからね。身の事は自分自信で守っていかないといけませんね。

万一の時に備えて、気をつけて下さい。

では、また!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願い致します!


スポンサーリンク










良かったら、シェアして頂けると嬉しいです!

ABOUTこの記事をかいた人

カンボジア シェムリアップ在住。 カンボジアには、通年ではないけど14年目。プノンペンとシェムリアップの行き来が激しい人。ITエンジニアで、Python勉強中。kintone好き。カンボジアには、2003年に初めて来ました。当初は、まだ今のカンボジアの様に整備が殆どされていない状態でしたね。未だにカンボジアにはじめて降り立った時の様子が脳裏に焼き付いてます。