カンボジアで動物(小)のモルモットを飼い始めましたよ。

カンボジアで動物




カンボジアで動物 (小)のモルモットがうちの家族入りしました。結講前から、子供達と相談していて候補には、「うさぎ」か「子犬」などでした。しかし、うちには大きな番犬が2匹いますし既に「子犬」は間に合っている状態でした。「うさぎ」も良かったんですが……

そこで、今回はカンボジアで動物 (小)のモルモットについてご紹介させて頂きます。

Cambodiakazu
クメール語では、「サ・クダオ」とか「サ・クダオ・バラン」などで呼んでいますね。

シェムリアップのペットショップにいってきたよ!

シェムリアップにもペットショップ(ローカル)があるって聞いたので、行ってきました。場所は、うちからバイクで10分程の距離にあって民家兼ペットショップみたいな感じでしたね。中では、「うさぎ」や「鳥」「モルモット」が居て子供達と眺めていたんですが、さすがにここに居た「うさぎ」は大きすぎて断念。

そして目に入ったのが「モルモット」でした。確かに日本で住んでいた時にも、「モルモット」を飼いたいなぁと思っていたんですが、住んでいた場所がペット禁止でしたので…..

そして、子供達と相談してメスとオスの2匹を飼うことになりました。(子供生まれすぎるんじゃないかなぁ…..)

 

スポンサーリンク

モルモットの飼い方について少し説明するよ!

小動物で飼いやすい中で「モルモット」も良くランク入りしていますよね。モルモットって、日本では良く動物園とかで見かけていました。結講Youtubeでも、動物園でのモルモットの様子を見ます。

動きみているとほんと可愛いですよ。

モルモットの性格なんですが、穏やかでおとなしいです。そして、警戒心が強いので音や人が近づくと慣れていないうちは、直ぐに隠れてしまいます。家に来た当初は、まわりに警戒しすぎて硬直状態でした。2日、3日と経ってくると近づいていくと、顔出してくれて向こうから近づいてきてくれます。

こんな感じでね。

 

ひょこっと顔出してくれます。

モルモットの家 ケージについて

飼う人それぞれ工夫して自作している人もいれば、衣装ケースの用なものをケージにしたり様々あります。私の場合は、ひとまず自作です。中々良さそうなケージが見つからずで….. 自作のは後程お見せ致しますね。モルモットは、とにかく糞尿が多いので、すのこなどを利用して落とす仕組みを作ってあげると良いです。そうしないと、糞尿の上を歩く形になるので衛生的にも良くないですね。

モルモットの臭いについて

臭い自体は、モルモットの体からというか、糞尿がお尻周りに残っていたりしてると臭いますね。木材の自作ケージの場合、糞尿が染み込んでしまうのでそれでの臭いもあります。なので、ペットシートを使って床にひくとか工夫した方が良いかも知れません。

モルモットの餌について

基本的には、草食動物なので牧草や野菜、ペレットを好んで食べます。牧草は毎日用意してきて、いつでも食べれる用にしています。そして、間食でレタスやキャベツ きゅうりなどを与えてます。

後は、定期的に爪を切ってあげたり(切り方で上手く出来ないと、誤って血管切ってしまう可能性もあるので注意が必要)します。場合によっては、お風呂に入れてブラッシングもすることもあります。

スポンサーリンク

うちのモルモット達は、こんなんです。

まだ、来たばっかりなので懐いてくれないし、すばしっこいから写真撮るのも一苦労です…..
でも、少しは覚えてくれたみたいで近づくと「キューイキューイ」と泣いてくれます。

モルモットの鳴き声も可愛いですよ。様々な鳴き声があって、意味があります。例えば、先程の「キューイキューイ」は、はやくちょうだいとかの意味。そう、私が近づいて泣いたのではなくて牧草が欲しくて泣いていました….. (早くなついて欲しいな)

ケージは自作なので、木で作ってます。少し写ってますね。2階建て。近く、綺麗なケージで住みやすいのを購入してくるので、待ってて下さい。

最後に

いかがでしたか。モルモットもカンボジアで飼えるとは、思っていませんでした。犬が多いですからね。しかも、番犬の犬なんかはほんと気をつけないと直ぐ噛み付いてきます。要注意。

先程も、「キューイキューイ」って鳴いてました。

では、また!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願い致します!


スポンサーリンク










良かったら、シェアして頂けると嬉しいです!

ABOUTこの記事をかいた人

カンボジア シェムリアップ在住。 カンボジアには、通年ではないけど14年目。プノンペンとシェムリアップの行き来が激しい人。ITエンジニアで、Python勉強中。kintone好き。カンボジアには、2003年に初めて来ました。当初は、まだ今のカンボジアの様に整備が殆どされていない状態でしたね。未だにカンボジアにはじめて降り立った時の様子が脳裏に焼き付いてます。