カンボジアの賃貸でアパートメント物件はお洒落だよね。

カンボジアの賃貸




カンボジアの賃貸 でアパートメント物件は、ほんと多く有りすぎてカンボジアに移住する予定なんだけど、何処に住んだら良いのか悩む事って結構あります。例えば、職場の近くに賃貸物件を借りる、いや職場が近いとねぇ…. 「プライベートも充実したいんだ!」と思う方も。

そこで、今回はカンボジアの賃貸 アパートメント物件で、良い物件がありましたので、ご紹介致します。

カンボジアでアパートメントを賃貸したい場合はどうしたら良いの?

A8cXHsvPMDuIUbB1508721556_1508721634.jpg

カンボジアにこれから、

これからカンボジアに長期出張の人
「長期でカンボジアに出張なんだけど….」
カンボジアに移住する人
「カンボジアに移住したいんだよね。」
考えまとまってない人
「いや、ちょっとね….」(なにが^^;)

これから、「カンボジアの物件で賃貸したいんだけど、どうしたら良いんだろう」って思いますよね。「自分の力で好きな所を探すんだ!」でも….. 「自分の力で、交渉出来ないから仲介して欲しいから、不動産会社に依頼するよ」といった考えが生じます。

私もさすがにプノンペンに住んでいた時、その住まい探しは、不動産会社に依頼した程です。何処の場所がオススメなのか、お得な物件なのか「わからない…..」 だったんですよ。

そこで、1つのポイントとしては、居住用の賃貸物件で、仲介手数料が無料なのかどうか。仲介手数料ってあるか無いかでは結講、いや、かなり違いますよね。ましてやカンボジアですし、仲介手数料の額を考えてみて下さい。賃料の1ヶ月分とかですからね。

うん。結構な額かも^^;

カンボジアの不動産会社に仲介で依頼する際は、日本からでも事前に連絡出来て、メールである程度の物件を先に紹介してもらえます。後は、希望する日にその物件の内覧が可能なのが嬉しいですよね。それで、その物件が気に入ったら少しデポジット金の一部を先にオーナーさんに支払って物件抑えてもらいますね。後は、賃貸契約の日にオーナーさんと不動産会社さんのスタッフさん同席の上で賃貸契約を交わす感じです。

スポンサーリンク

カンボジアの賃貸 Starna Villa アパートメント 綺麗なんです。

Cambodiakazu
クオリティー高く、室内もとても高級感あるね。

プノンペンのStarna Villa アパートメントの部屋の様子は、こんな感じです。

カンボジアのStarna Villa アパートメントの気になる賃料は?

ここまで、いかがでしたか。なんか、正直なところカンボジアを感じさせない、アパートメントではなく高級ホテルみたいですよね。さて、Starna Villa アパートメントの気になる賃料などご紹介致します。

賃料 750ドル/1ヶ月
デポジット金 賃料の1ヶ月分必要です。
部屋タイプ 2ベッドルーム
駐車場 有り
室内設備 テレビ / バルコニー / エアコン / ベッド / ソファー / 冷蔵庫 / クローゼット
サービス 24時間セキュリティー完備 / 発電機完備

このクオリティー 2ベッドルームで1ヶ月750ドルです。お友達などと部屋をシェアして割り勘で住むのも良さそうですね。室内設備も殆ど揃っています。そして、サービスでは24時間セキュリティー完備です。やはり、何があるかわかりませんからね。発電機も完備しています。カンボジアでは停電はありますので、その時に直ぐに対策とれますね。これぐらいの設備、サービスであれば良いですね。

以前にも、ヴィラなどの賃貸物件の紹介をさせて頂いた事があります。もしよろしかったら、こちらからどうぞ。

カンボジア プノンペンのスモール ヴィラ 物件のご紹介です。

2017.09.28

カンボジア プノンペン ヴィラ 物件 の紹介です。

2017.09.25
スポンサーリンク

最後に

今回のアパートメントは、いかがでしたか。私もこれぐらいのクオリティーの高い物件に住んでみたいです。プライベートの時間も有効に使えそうな空間。ゆっくり休めるベッドルーム、と、おすすめです。

住みたくなりましたか?

下記、お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。

では、また!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願い致します!


スポンサーリンク










良かったら、シェアして頂けると嬉しいです!

ABOUTこの記事をかいた人

カンボジア シェムリアップ在住。 カンボジアには、通年ではないけど14年目。プノンペンとシェムリアップの行き来が激しい人。ITエンジニアで、Python勉強中。kintone好き。カンボジアには、2003年に初めて来ました。当初は、まだ今のカンボジアの様に整備が殆どされていない状態でしたね。未だにカンボジアにはじめて降り立った時の様子が脳裏に焼き付いてます。