カンボジアとは

カンボジア アンコール・ワット

カンボジア という国をご存知ですか?
一度は、聞いた事がある方も多いはず。このカンボジアについてどんな国なのか、ご紹介致します。

カンボジア とはどんな国?

歴史

立憲君主制の民主主義国家であるカンボジア王国は、人口約1150万人で、90%のクメール人の他、中国系、ベトナム系、チャム族などの少数民族で構成されている国です。

9~15世紀がカンボジア王国「アンコール時代」で、アンコール・ワットやアンコール・トムなどの世界的な遺跡が建設されました。しかし次第に勢力が衰えると隣国の侵略を受け領土を縮小し、1887年にフランスの植民地化。1953年にカンボジア王国としてフランスから独立後、しばらくは安定した王政国家が続きますが、クーデターが1970年に勃発、以後内戦状態となります。1975年ポル・ポト政権の誕生により内戦は終結。しかし、ポル・ポトの恐怖政治により100万人以上が死亡する悲惨な時代となりました。1979年ベトナムの支援を受けたヘン・サムリン政権誕生後も国内の混乱は続き、1993年パリ協定に基づきUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)が総選挙を実施。シハヌーク国王が即位しました。

ポル・ポト時代に大量の教員や、高等教育を受けた人々が殺され、ほとんどの教育施設が閉鎖されたことにより、カンボジアの教育制度は崩壊。国の復興にとって教育は最も重要な課題のひとつとなっています。

治安

カンボジアの治安は、政府開発援助の関係で橋や道路などを日本の協力の元に造っています。有名なのは、プノンペンでのチュロチョンワー友好橋など。基本的には親日家が多く比較的治安は良い国です。基本的にはカンボジアは優しい人が多いのであまり神経質になることはありません。最低限の海外渡航の常識は守る必要はあります。海外旅行ではどの国でも気をつけるべき点を守って頂ければ安全で快適に過ごして頂けます。夜になったらなるべく大勢で動く、単独では行動しない。スリ、置き引き、ひったくりは要注意です。白昼堂々と行うケースも近年あります。私でも被害にあったことはあります。最新情報を確認するには、外務省のホームページなどおすすめです。

カンボジア国家警察 外国人専用ホットライン
電話:031-201-2345 メール:fad-info@police.gov.kh
同連絡先は、使用言語は英語又はカンボジア語となっており、24時間対応可能とのことです。

通貨

カンボジアの通貨は、「リエル」といいます。100リエルからあります。100リエルは、大体日本円で3円程。1000リエルで30円程。また、カンボジアでは、米ドルが流通しているので買い物などは全て米ドルで行えます。ただしお釣りがリエルで返ってくる場合が多いです。リエルの計算を頭に入れておくと現地のお買い物が便利です。

Cambodiakazu
カンボジアのお札には、遺跡や、日本の友好橋、学校などのイラストがのっていてお洒落なんだ。